税理士の依頼費用

税理士が提供している税務サービス業務は、法人向けのものと個人向けのものとの2種類に大別することができます。法人向けサービスと個人向けサービスとでは、全く異なる料金体系になっているのが普通なので、これから税務サービスを利用してみようと考えているのであれば、事前にきちんと確認してみる必要があります。法人向けサービスの場合、継続的な顧問契約を結ぶ場合と、単発で業務依頼する場合の2種類が考えられますが、いずれの場合もその会社の資本金の額を基準にして、料金が決められているケースが多いです。一方、個人向けサービスの方の料金設定はまさにケースバイケースとなっています。全て込みのパック料金のようなものが定められている場合もあれば、税務処理をする財産額の何%といった形で料金が決まるシステムになっている場合もあります。

一昔前までは、どの税理士を利用した場合でも、全く同じ料金が発生する仕組みになっていました。なぜかというと、それぞれの税理士が自由に料金を決めることが許されておらず、税理士会が定めた報酬基準にしたがって料金を徴収するシステムになっていたためです。利用する側としては、どこの税理士事務所を利用した場合でも全く同じ料金を請求されることが最初からわかっていましたから、事務所選びに気を使う必要がないというメリットがありました。しかし、税理士の側からすると、いくら良いサービスを提供したとしても、あまり良くないサービスを提供している税理士と全く同じ料金しか取ることができないわけですから、業務の質を向上させようというモチベーションを保ち続けることができなくなってしまいます。税理士の質の低下を招くというデメリットが大きかったため、現在では法律が改正され、各税理士が自由に料金を決められるようになっています。

顧問契約の重要性

会社が大企業だと、税理士や弁護士を社員として雇っているケースが珍しくありません。しかし中小企業ではその費用が大きな負担になるため、必要に応じて顧問契約を結ぶといったケースがほとんどです。

Read more

顧問税理士の雇用

事業を行っている人であれば、決算や確定申告をしてもらうために顧問税理士を雇っていることが珍しくありません。自社の利益や資産を把握するためにも、税理士は必要な存在だと言えます。

Read more

税理士の利用

士業と呼ばれる仕事を生業とする人の中には、気に入らない態度で接してくるような人も居ます。税理士に仕事を依頼する際には、接し方などのしっかりとした人を選択することが大切だと言えます。

Read more